リフォーム全体コラム

コロナで気付いた!もっと改善できる家の〇〇とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの感染拡大と共に、私達はストレスを感じる生活を長期にわたり強いられてきました。
その一方、今までの生活スタイルを見直すきっかけを作ったのもコロナだったと言えるのではないでしょうか。
私達のホームは「家」であり、家で過ごす時間を充実したものにすることがどれだけ大事かを認識させられました。
そこでコロナ渦での経験を活かし、これからの生活スタイルをより向上させるためのヒントをお伝えできればと思います。
もっと改善できる①衛生的な環境

ウイルスの怖さを知ったからこそもっと衛生的に。家庭でできる衛生対策とは?

●玄関対策


宅配ポストを設置する

宅配ポストを設置することで配達時間に合わせて在宅する必要がなく、配送員と対面せずに荷物の受取が可能です。

大容量サイズを選べば大きな荷物も受け取り可能となり、雨による破損の心配もなく安心して荷物を受取ることができます。

スマートフォンと連携できるものや、カメラ付き・LEDライトなどの照明付きの宅配ポストもあり、防犯に役立ちます。



玄関に手洗いスペースを設置する

玄関付近に手洗いを設置することで室内にウイルスを持ち込まないようにできます。
家に帰って洗面所に行くまでに扉を開けたり、照明のスイッチをつけたりしてあちこちを触る前に、玄関でしっかり手を洗って消毒できます。これからは玄関に手洗いがあるのが当たり前になってくるかもしれません。

手をかざすだけで吐水・止水が可能なタッチレスの水栓にすることで、手洗いスペース自体も衛生的に保てます。



玄関を換気する

玄関通風ドアを設置することで、扉を閉めたまま換気ができます。

玄関は外から帰ってきて最初に入る場所であり、来客がある場所でもあります。

通風機構付ドアは外気を取り入れ、玄関空間をはじめ家全体の風の流れを大きくします。



玄関に外出着をかけれるようにする

外でついた汚れやウイルスを室内に持ち込まないよう、帰ったら服をかける場所を玄関に設けます。

玄関収納下のハンガーパイプにコートや上着をかけることができれば収納も充実し、機能性に優れた玄関となります。

●室内対策


内装を抗ウイルス対応のものにする

直接手が触れるハンドルや引手、床材、壁紙、建具、カーテンなど、抗ウイルス対応のものを使用することで空気中や手から付着した特定ウイルス数を減少させます。

ウイルスを含んだ飛沫は床の上に落下し、家の中へと広がっていきます。
例えば床の上で洗濯物を畳んだり、落ちた物を拾ったり、お子さんが床の上でくつろいでゲームをしたりするうちにあらゆる場所へと拡散していきます。

抗ウイルス加工が施された床の場合、無機イオンがウイルスの有機物を破壊・変質させて死滅させるため、24時間後にはウイルス数を99%減少させることが可能です。
床以外にも家族みんなが手を直接触れるドアハンドルや取手などに抗ウイルス加工を施すことで、より安心・清潔に保つことができます。

また、無垢のフローリングや珪藻土の室内壁など自然素材の良さを生かした家造りも見直され、アレルギーやシックハウス対策として注目を集めています。



タッチレスタイプの水栓にする

手をきれいに洗い流しても、水を止める時に再び水栓に触ることで菌やウイルスが手に付着してしまいますが、手をかざすだけで水が出るセンサー付きの水栓にすれば、触らなくてもいいので衛生的です。

キッチンでお肉や魚を触った後なども、手をかざすだけで水が出るので水栓を衛生的に保つことができ、食中毒の防止にもなります。

もっと改善できる②省エネ

家族みんなが家にいることが多くなり、光熱費が高くなったご家庭もあるのではないでしょうか。
毎日みんなで頑張る省エネではなく、日頃省エネを意識しなくても節約できるものを挙げてみました。

●節水を見直す


節水機能が付いている水栓にする

台所水栓や浴室のシャワー水栓を節水タイプのものに変えるだけで水やガスの使用量を削減できます。

数分ほどでシャワーヘッドを自分で交換できるものがほとんどで、場合によっては年間で水道代・ガス代合わせて1万円~2万円ほど節約できることもあります。

節約に限らず、浴室のシャワーヘッドにはミストやマッサージもできる多機能なものがあり、リラックス効果も期待できます。



トイレを節水型のトイレにする

トイレを節水トイレに変えることで水道代と電気料金を大幅に節約することができます。

節水トイレがどれぐらい節水できるのか?昔のトイレと比べて今のトイレはどう進化したのか?など、詳細はこちらの記事をご覧ください。

●節電を見直す


照明をLEDに変える

LED電球は購入価格が高いので、電気代が安いといっても結局は高くつくのでは…?と思うかもしれません。そこで10年間のコスト(購入価格+電気代)を計算してみると、LED電球は白熱電球の5分の1ほどのコストにおさまることが分かりました。

家の中に照明機器は沢山あるので一度に全部を変えると負担がかかりますが、電球が切れるたびにLEDに変えていくことで長い目で見れば節約が成立することになります。
また、電球が切れるたびに交換する手間が減るのも利点と言えるでしょう。

もっと改善できる③プライベート空間

リモートワークでWeb会議に参加する機会が増え、ワークスペースの確保や音に悩まされた方、
また、家族みんながいる家の中でプライベートな空間の必要性を感じた方のために、プライベート空間を充実させるものを挙げてみました。


空間対策

リビングが生活の中心だというご家庭には、オープンタイプのワークスペースを設けることで多目的に使うことができます。

お子様の様子を見ながらお仕事をしたいお母さんや、お子さんの宿題をみながら家事をする時、カウンターテーブルや間仕切りがあると便利です。
くつろぐスペースとカウンターテーブルの間に間仕切りがあることで、スペースを分けることができます。

また、家族みんなが集まる場所では集中できないし、部屋数にも余裕がないという場合は、全面ガラスの室内引戸でリビングを仕切ることも可能です。
広々とした空間や採光を損なうことなく、リビングの一角を個室として利用できます。

リビングにスペースがない場合は、寝室の一角を在宅ワークのスペースにすることもできます。
壁に棚板を何枚か設置するだけでワークスペースは作れますし、収納を間仕切り代わりに置いて寝室とワークスペースを区切れば集中しやすい空間を作ることができます。



音対策

不快な音の響きを抑える吸音性能がある天井材や、音を聞き取りやすくしてくれる天井材などを設置することで、Web会議の音もよりクリアに聞こえるように室内の音を操ることが可能です。

吸音性能だけでなく湿気を吸収・放出してくれる調湿性能も兼ね備えているので、快適な空間を維持できます。

また、室内側に内窓を取り付けて壁厚を厚くし、窓を防音仕様にすることもできます。
内窓を取り付けて窓を二重化すると遮音性能が高まり、外部からの音を遮断すると同時に室内から外部への音漏れも抑えます。

窓の二重化は断熱・遮熱効果も高めるので光熱費の抑制にもつながります。結露の防止にもなり、カビやダニの繁殖によるアレルギーを引き起こすのを抑える効果もあります。

もっと改善できる④家事のストレス軽減

家族みんなが家にいる時間が長くなるとお母さんは大忙しです。
キッチンにいる時間や掃除にかかる時間が自然と増える中で、もっと気持ちよく楽に家事をこなせたら…と思うはず。
そこで、こんなものがあったら家事も楽!と思えるものを挙げてみました。



掃除も楽!除菌もできる!システムキッチン

カウンターがフラットでシンクとの継ぎ目が無いキッチンや、ファンのお手入れが不要のレンジフードなら、毎日のお掃除を楽にしてくれます。

また、朝、昼、晩と食事を作る機会が増え、食器を洗う頻度も高くなった自粛期間には食器洗い乾燥機(以下 食洗器)が活躍しました。
食洗器があれば洗うだけではなく、除菌をしっかりとできることで安心にもつながります。
アルコール消毒や食器洗いで悩まされた手荒れも、食洗器を使えば最小限に留めることが可能に。
食洗器がキッチンにビルトインされていることで見た目もスッキリして掃除のしやすさに繋がります。



収納力抜群!キッチンクローゼット

買い物の回数を減らすために買いだめすることが増え、ストックを置く場所がない…ということもあったのではないでしょうか。

災害に備えて1週間分の水や食料を備蓄しておくことを考えても、普段からある程度のスペースがあればいざという時のために備えることができます。

キッチンや間取りに圧迫感を与えずスッキリと収納できるキッチンクローゼットががあれば、再々買い物に行く時間を削減しながら備えることができます。



スタイリッシュで掃除が楽!タンクレストイレ

タンクがないタンクレストイレは見た目がスタイリッシュで、お手入れがしやすいのが特徴です。

それに加えて節水機能、全自動おそうじ機能など、昔のトイレからは想像できないぐらい機能性が高くなっています。
家族が毎日何度も使用するトイレだからこそ、いつでもキレイな状態を保っていたいですね。

もっと改善できる⑤リラックス方法

遠くに行かずにおうちで楽しむ方法を考えながら過ごしたコロナ渦。
家族と過ごす時間をもっと快適にしたい、家でリラックスしながらゆったりと過ごしたい…という方におすすめのものを挙げてみました。



アウトドアでリラックス

愛犬と一緒に遊んで過ごせるガーデンルーム、家族でバーベキューを楽しめるタイルテラスなど、おうちのお庭でキャンプ場のように楽しめます。
目隠しフェンスでプライバシーを確保しつつ、安心できるおうちの庭で爽やかな風を感じながら家族でゆったりと過ごすひと時は格別です。

ガーデニング家庭菜園もできるスペースを作れば子供達も土と触れ合いながら食についても学ぶことができます。



バスタイムでリラックス

一日の終わりに心身の疲れを癒してくれるお風呂は現在さらなる進化を遂げています。

ジェットバス機能、調光調色システム(照明)、少ない水量で満足できる浴び心地のヘッドシャワーなど、科学的に研究され尽くした心身を癒してくれる機能が満載のお風呂をお家で楽しむことができます。

質の良い睡眠にもつながるバスタイムを快適に過ごせれば、翌朝の目覚めも心地よいものとなるでしょう。



照明でリラックス

照明の色味や光の強さ、ライトアップする方向などを工夫することで部屋の雰囲気を大きく変えることができます。

リラックスするリビングやダイニング、仕事に集中したいワークスペース、ゆっくりとした時間を過ごす寝室など、それぞれの空間に合わせて照明を変えるだけで気持ちの切り替えに繋がります。

おうちで快適に過ごすために今までとは一味違った遊び心を持ち、もう一度家の中を見直してみましょう。

まとめ

家でもっと快適に過ごすにはどこを改善できるか?について考えました。
衛生観念の重要さ、家族との時間・プライベートの時間の過ごし方、省エネについてやリラックス方法など、今まで何となく分かっていたつもりでも実践するまでには至らなかったことが多かったのではないでしょうか。

もし、お住まいについてもっと「こうしたい!」ということがありましたら是非リフォームをご検討ください。
時間の流れと共に生活スタイルは変化し、家の在り方も変わってきます。
専門家だからこそ、多くの経験の中からご提案できることがきっとあるはずです。

エグゼストではお住まいのちょっとしたリフォームから1軒丸ごとリフォームまで、リフォームに関する多様なニーズにお応えいたします。小さな修理・修繕工事もおまかせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*