塗り替え本舗 Exest(エグゼスト) しっかり施工、安心の適正価格

建物の役割は「生活環境を守る」こと。防水工事で雨水から建物を守り、給水等の漏水を防止し「品質」「機能」を維持することが重要です。

防水層の重要性

マンションや戸建の屋上やバルコニーには、建物内部に雨水が侵入するのを防ぐため、防水施行されています。それは、屋根と同じく直射日光や雨風などの自然環境から受ける影響を防ぐためです。

建物の構造や経年によって、外壁や屋上など、見えないところにクラックや劣化が生じます。クラックなどから雨水が建物内部に侵入すると、天井のシミや悪臭、腐食の原因になり、生活環境の悪化にもつながります。

しかし、定期的に手を加えないと、除水層が徐々に劣化するために起こる雨水の侵入によって、建物自体の強度を弱めてしまうかもしれません。

防水工事の善し悪しが、建物の寿命を左右する重要な箇所です。

そこで、早めの点検、メンテナンスをおすすめします。

【こんな症状にご注意ください】大切なビルやマンションを雨水の侵入から守るには、早期発見が大切。日常からビル外部のチェックをしましょう。建物の各所に劣化の症状があるかもしれません。次のような劣化の症状が認められたら、防水工事の早急の検討をおすすめします。「屋上表面が泥や砂で見えない」「水たまりがある」「クラックやはがれがある」「ドレン(排水口)にゴミが詰まっている」「目地にひびが入っている」「外壁を手でこすると白い粉がつく」「目地にコケや草が生えている」「ビル外部の鉄階段などの鉄部に、さびや穴がある」
  1. 施工前の屋上は、物干し台のさびがあちこちに染みわたり、コンクリートは汚れ放題。
  2. Exest(エグゼスト)が施工すると、こんなに美しく!
  1. 施工前の屋上は、水たまりができ、コンクリートは汚れ放題。
  2. Exest(エグゼスト)の施工はあざやかで、水たまりも姿を消した。