リフォーム全般ブログ

SDGs達成のためにエグゼストが取り組む6つの目標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

持続可能な社会の実現に向けて

持続可能な開発目標 SDGsとは

皆様ご存じかとは思いますが、SDGs(エスディージーズ)は「Sustainable Development Goals」の略称で、「持続可能な開発目標」という意味を表します。
2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標として、達成すべき17の目標が掲げられています。

17の目標は、貧困、不平等・格差、気候変動による影響など、世界のさまざまな問題を根本的に解決し、すべての人たちにとってより良い世界をつくるために設定されました。

エグゼストの取り組み

 width=500

エグゼストはリノベーション・屋根外壁塗装の専門店としてSDGsを達成するために、17の目標のうちこれらの6つの目標に取り組み、事業を遂行しています!

◆心癒される居住空間の創出

地元香川県の住環境に合わせ、お客様の「笑顔」「夢」の実現に向けて取り組み、暮らす人々が永く快適に住むことのできる最適な居住空間を提案・施工します。

主な取組み
・周辺居住宅の安心、安全を確保した工事の実施
・建物の長寿命化のための経年劣化改善
・住宅リフォーム事業団体登録
・取引先との長期的なパートナーシップの構築

◆地域への貢献

地域との共存共栄に向け、地域に対する社会貢献活動を実践し、持続可能な地域社会の実現に貢献します。

主な取組み
・地元人材の積極活用
・ペットボトルキャップ・プルタブを地域団体へ寄付
・地域の清掃活動
・「こどもSOS」登録、看板設置をし、こどもの身の安全を守る避難場所の確保

◆やりがいを感じる職場づくり

一人一人が社会への貢献度を感じながら、強い「志」を持って共に成長し、いきいき活躍できる職場環境を目指します。

主な取組み
・スタッフの安全を考慮し、ドローンを用いた高所現場調査
・現場の声や実情の把握、勉強会
・社内ルールや社内理念の周知と徹底
・女性スタッフの活躍

◆環境への配慮

環境に配慮したリフォームや省エネ機器を推奨し、お客様の安心、安全を守りながら環境への負荷の低減に努めます。

主な取組み
・PCによるプランニング、デザイン提案でペーパーレス化
・省エネ商材を推奨したリフォーム
・現場で出たゴミは自社コンテナで分別、処理

私たちができること

私たちリフォーム業はSDGsと密接に関わりがあり、SDGsの17ある目標の多くに影響力を持っています。

欧米での住宅寿命は平均80年以上とされているにもかかわらず、日本の住宅の平均寿命は約30年ほどで建て替えられる傾向にありますが、その背景には日本独特の高温多湿の環境や、地震などの自然災害の影響が挙げられます。

ですが、それ以上に影響しているのが住宅に対する日本人の「考え方」です。
約20年ほどで住宅の資産価値が無価値と評価されるなどの要因もあり、日本では住宅を長く使うことよりも新築を好む傾向が強いと言えます。

そのような状況下でも、私たちが住宅をリノベーションすることが環境問題を解決する大きな一歩となり、SDGsの実現に向けて大きく前進します。住宅の基本性能を高め、適切なメンテナンスを行うことで資産価値を保ち、住宅の寿命を延ばすことが環境負荷軽減に繋がっていくからです。

全ての人たちにとってより良い世界をつくることができるよう、エグゼストは強い理念を持って積極的にSDGsの目標に取り組んでまいります!

→もっと見る【リフォーム全体コラム】

→前のページを見る【中古住宅リノベーションで断熱耐震工事 安全で快適な住まいに】

エグゼストではお住まいのちょっとしたリフォームから1軒丸ごとリフォームまで、リフォームに関する多様なニーズにお応えいたします。小さな修理・修繕工事もおまかせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加